FAXの歴史

スポンサードリンク

FAXの歴史

FAXの名前の由来は、同じものを作るというラテン語のファクシミリから来ているそうです。
またFAXは、1843年にイギリスで初めて開発されたことが始まりであり、実は、ベル電話機ができるよりも前に開発が早かったというのだから驚きです。
FAXは、日本語で言うならば、写真電送機というものであり、日本に入ってきたのは、大正時代だと言われています。

スポンサードリンク

国民の中では、白黒テレビがあるかないかの時代であるというのに、そういった高度な技術が国内に入ってきていたというのを知る人が当時どれほどいたのでしょうか。
どちらにしても、日本で初めてやってきたFAXを使おうとしたのは新聞社でしたから、国民の手元にFAXが来るようになったのは、まだまだ先のことです。

 

当時の新聞社の速報と言ったら、フィルムを飛行機で輸送することぐらいしかできなかったので、FAXが当時の企業の優位性にも大きく関わっていたのだそうです。
それが今、私たちの手元にあり、誰でも購入できるようになったというのは、とても凄いことだということが分かりますね。

スポンサードリンク

FAXの歴史関連ページ

日本とFAXの関係
人気のFAX情報をご紹介します。
FAXを使うシーンとは
人気のFAX情報をご紹介します。
FAXが重宝される日本と高齢化の関係
人気のFAX情報をご紹介します。
日本の若者とFAXの関係
人気のFAX情報をご紹介します。
日本の文化に寄り添うFAX事情とは
人気のFAX情報をご紹介します。